白内障多焦点眼内レンズ白内障

白内障とは

 白内障とは眼の中の水晶体が濁ってしまう病気で、そのまま放置すると緑内障などに気づかず、最悪の場合、失明する恐れさえある病気です。 白内障になる確率は年令とともに高くなり、50代で50%、80代では80%にのぼります。薬で治る病気はありません。年令によるものと放置せず、早めの治療が必要です。
 深作眼科では、深作院長により開発された新しい技術と最新の設備を用い、無痛で完璧な結果を提供できる白内障手術を施行、手術時間は実質4分間です。技術により結果に大きな差が出る手術であり、だからこそ手術を受ける施設をしっかり選ぶ必要があります。
 深作眼科では結果は当然でありますが最高の結果とともに芸術的に仕上げます。その無痛で患者様に負担の少ない、手術時間最短の白内障手術を、深作眼科では年間4000件以上施行しています。これは日本で最多の手術件数であり、その手術は世界最高の手術技術力をもつアメリカ眼科学会(ASCRS)から最高の評価を得ています。 白内障手術では従来の単焦点眼内レンズを用いる方法と、先進医療である多焦点眼内レンズを用いる方法があります。

このページの先頭へ