網膜硝子体手術網膜剥離

  目の内部を満たす硝子体は通常ゼリー状ですが、加齢により一部が液状化し、ゼリー状の硝子体が眼球の動きに連動して移動するようになります。その際、硝子体に網膜が引っ張られると裂け目(裂孔)ができ、裂け目から水が入ると網膜がはがれ、網膜剥離となります。裂け目ができた状態では飛蚊症を生じたり、網膜の刺激症状として光視症を訴えることもあります。
 網膜がはがれると視野が狭くなり、剥離が網膜の中心部(黄斑部)に及ぶと急激に視力が低下します。最悪の場合は失明することもありますので、早期の手術と初回の手術での網膜復位(元に戻す)が大変重要であり、高い医療技術が要求される疾患です。このような疾患だからこそ、深作眼科では最先端の医療機器と最高の技術で良好な成績を得ております。

このページの先頭へ